タンパク質はプロテインコーヒーで▶▶

【東京ラブストーリー2020】第7話のネタバレ感想|三上の封筒の中身は?

東京ラブストーリー 2020 第7話のネタバレ感想 三上の封筒の中身は?

2020年5月20日水曜日、『東京ラブストーリー2020』の第7話が配信されました。

 

『東京ラブストーリー』を見るならこの2択!
フジテレビ公式 Amazonプライムビデオ
▼2週間 無料お試し▼

FODプレミアム

▼30日 無料お試し▼

Amazonプライム

※無料お試し期間中に解約しても、違約金等は一切ございません!

 

他にもいろいろと動画視聴サイトをお調べしましたが、『東京ラブストーリー2020』の動画配信をしているのは、【FODプレミアム】と【Amazon プライムビデオ】だけでした。

 

※表は左右にスクロールできます

『東京ラブストーリー』 サービス 無料期間 月額(最安プラン)
Video Market 30日 1,078円(税込)
TSUTAYA TV 30日 933円(税抜)
Amazonプライム 30日 500円(税込)
hulu 2週間 1,026円(税込)
FODプレミアム 2週間 888円(税抜)
U-Next 31日 2,198円(税込)
NETFLIX なし 800円(税抜)

 

3分で登録後、すぐに『東京ラブストーリー2020』が見れます!

どちらのサービスか悩んだら…

 

フジテレビドラマが大好きな人は…

▶ FODプレミアム

 

Amazonのサービスをよく使う人は…

▶ Amazonプライムビデオ

 

どちらも無料お試しが使えます。サービスが気に入らなかったら、途中で解約すれば0円視聴。もちろん、解約にかかる違約金は一切ございません!

 

『東京ラブストーリー』は言わずと知れた鈴木保奈美/織田裕二主演の伝説月9ドラマ(1991年放送)の令和バージョン。

 

1991年版の東京ラブストーリーを見た人にとっては、過去のシーンやセリフと比較しながら楽しめる、見どころ満載のドラマです。

 

ところで、1991年版『東京ラブストーリー』は見たけど、2020年版っておもしろいの?

ギモン猫

 

そんな疑問を持つ方に向けて2020年版の感想とネタバレを書いています。僕も1991年版『東京ラブストーリー』のファンです。

 

そのうえで、比較しながら感想を書いていきますので、参考にしてください。

『東京ラブストーリー2020』の名言・名セリフ集はこちらの記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

東京ラブストーリー(2020)の名言・名セリフ100個|令和のリカ語録!

 

ではさっそく、第7話を見た感想を書いていきたいと思います。ネタバレありなので、その点はご注意ください!

 

【東京ラブストーリー2020】第7話のあらすじ

 

第7話のあらすじです。タイトルは「それぞれの覚悟」

 

完治(伊藤健太郎)が家に帰ると部屋が飾り付けられていた。リカ(石橋静河)は完治の帰りを待ったままソファーで眠ってしまっていた。完治はリカに謝り、仲直りした二人は誕生日を祝う。一方、さとみ(石井杏奈)は、数日前の三上(清原翔)からの仕打ちを許すことが出来ず、三上の家を出て、自分の家に帰ってきていた。三上はさとみと話をしようとするが、取り合ってもらえない。そして、完治はリカが突然辞表を出したと和賀(眞島秀和)に聞き、一番に相談してもらえなかったことにショックを受け、気持ちをリカにぶつけるのだが・・・。

引用:FOD

 

突然辞表を出すの、リカらしいですね。

 

「それぞれの覚悟」、誰のどんな覚悟なんでしょう?

 

【東京ラブストーリー2020】第7話のネタバレ

 

前回 第6話のラストシーン。カンチの誕生日。

 

カンチの帰りを家で待つリカ。

 

落ち込んださとみを抱きしめるカンチ。

 

ケータイがある2020でも、すれ違いは起きます。

 

カンチとリカ、どうなる!?

 

ここからどうストーリーが展開していくか、怒涛の第7話ネタバレです。

 

 

https://twitter.com/tokyoLS_fod/status/1257958407912386560

 

遅くなった誕生日パーティー

 

遅くに帰宅したカンチ、きらびやかに飾り付けられた自分の部屋に驚きます。

 

待ちくたびれて、ソファで寝てしまったリカ。

 

「どこ行ってたの?」

 

カンチは「関口に会ってた」と正直に答え、事情を話します。

 

でも、リカは「カンチの今日は、わたしだけにくれるんじゃなかったの?」

 

そしてカンチの顔にケーキを投げつけ、「お誕生日おめでとう、カンチ」で、仲直り。不思議なノリです。

 

三上、さとみの家へ

 

さとみの家まで来た三上。でもさとみはドアを開けません。

 

三上がどんなに粘ってもドアを開けません。

 

その理由は、

 

「顔見たら、決心がゆるむから。

 

そして、「帰らないなら、警察呼ぶから。」

 

さとみの「覚悟」ですね。

 

リカが辞表を提出

 

リカが辞表を送って来たことを、和賀部長から知らされたカンチ。動揺が隠せません。

 

「話がある」と言うカンチからのメッセージに、なぜかウキウキのリカ。不思議な子です。

 

リカがご機嫌な様子でたこ焼きを持ってカンチの家に来ました。

 

「なんでもっと早く言ってくんないの?」「なんでいきなり辞めるの?」「なんで?」と問い詰めるカンチ。

 

「他にやりたいことあるって言ったんでしょ。何、やりたいことって。」(カンチ)「教えない。」(リカ)

 

そしたら、カンチが急に大声で、

 

「いい加減にしろよ!

 

そして、悲しそうに「なんで辞表を出す前にちゃんと相談してくれなかったんだよ。」

 

目の奥で涙が光っていた気がします。

 

「相談するの、好きじゃないんだ。

大事なことは、一人で決めたいの。

自分の決断を誰かのせいにしたくないから。

 

カンチとリカ、価値観の違いです。

 

「ただ俺は、リカが何考えてるのか、ちゃんとリカの口から聞きたかったんだよ。

 

「なあ、リカにとって、俺ってなんなの?

大事なことはなんも話さないで、ただ今を楽しむだけの関係?

だったらそれ、俺じゃなくてもいいんじゃない?

 

カンチ、怒ります。

 

「カンチがそんなにバカだと思わなかった。

 

リカも怒ります。

 

カンチの壁ドン

 

あれからカンチが何度メッセージを送っても、リカからの返事はありません。

 

カンチは職場でリカが一人になった時を狙い、急に走り寄ってリカを個室に連れ込み、壁ドンします。

 

「話したくない」と逃げるリカ、ちゃんと向き合うカンチ。

 

「わたしがカンチを好きになった気持ち、カンチは全部否定したんだよ。

 

カンチを突き返して、リカは去ります。

 

リカの怒りは、「自分の気持ちを否定されたこと」だったようです。

 

さとみの覚悟

 

ちゃんと向き合おうとするカンチの姿勢に感化され、三上はさとみをカフェに呼び出しました。

 

三上はさとみに「手土産」と言って、封筒を差し出します。

 

入学式で見た時に一目惚れし、ずっとさとみが好きだったことを告白。

 

「さとみが受け入れてくれた時は夢見てるみたいだった」と。

 

「わたしも、全く同じこと思ったよ。

三上君といるとね、周りの女の子がソワソワするのが分かるの。

今だってそう、女の子たちはみんな、三上君を無視できない。

そういうの、実はけっこう気持ちよかったんだ。

いいでしょ、素敵でしょ、でも、この最高に魅力的な彼の心は、わたしだけのものなのって。

ケータイ届けに行った日も、彼女に自分の存在を知らせに行ったの。

今あなたにチョッカイをかけているこの人には、わたしという本命の彼女がいるんだよ。

あなたとは遊びなんだよって。

わたし、けっこう性格悪いんだよ。

三上君が思っているような、素直で従順な女じゃない。」

 

「一つだけ、聞いてもいい?ホテル、あの子と行ったんだよね。

 

「そうだよ、でも神に誓って何にもなかった。手すら握ってない。」

 

それを聞いて、ふっと悲しそうに笑うさとみ。

 

「だったら、余計にダメだよ・・・。さよなら、三上君。

 

立ち去るさとみの手を捕まえて、「絶対やだ」という三上。

 

その手を力強く振り払うさとみ。

 

さとみの強い覚悟を感じさせるシーンでした。

 

ところで、三上がさとみに渡そうとした「手土産」の封筒には、何が入ってたんでしょうか?

 

三上、リカを借りる

 

「どうしてちゃんと、さとみちゃんだけを見てあげなかったの?」というリカに、

 

「甘えてたんだと思う。」と、三上。

 

高校時代の思い出を語り出します。

 

三上が万引きして父親にぶん殴られた時、さとみが三上の父親に「三上君は絶対そんなことする人じゃない!」って啖呵切った、と。

 

「うぬぼれてたんだろうな。

世界中が敵にまわっても、あいつだけは俺の味方でいてくれるって。

何やってもあいつは最後まで俺のそばにいるものだと思ってた。

 

そして、リカのきつい言葉。

 

「三上君は、そういう人を裏切ったんだよ。

一番信じたい人を信じられなくなって、嫉妬がお腹の中でどぐろ巻いて、そんな自分のこと責めて、どんどん自尊心削られて。

 

「もう解放してあげなよ。

それがさとみちゃんに対する最後の愛だよ。」

 

その言葉に、三上は、

 

「今ようやく分かったよ

自分がいかに大バカ野郎で、どれほど大事なもの失ったのか。

 

そう言って、肩を震わせ、泣き崩れるのでした。

 

「時すでに遅し」ですね・・・。

 

カンチ、リカを待ち伏せ

 

どうしてもリカと話したいカンチは、三上と別れたリカを待ち伏せします。

 

現れたリカに差し出した、カンチの「手土産」は、リカの好きなガチャガチャ、それも大量に。

 

それを見たリカは、

 

「わたしはガチャガチャを回すのが好きなだけで、おもちゃが欲しいわけじゃないんだよ。

 

「えっ・・・、ごめん。」と、驚くカンチ。

 

普通そうですよね。

 

ガチャガチャって、回してる時が一番楽しい。

 

カンチ、こういうちょっと抜けたところがありますね。

 

でも、ここから男らしく、

 

「この前言ったこと訂正しに来た。

俺じゃなきゃダメだと、リカは俺じゃなきゃダメだと思う。

世界中どこ探したって無駄だよ。

リカは絶対、俺じゃなきゃダメ。

俺も絶対、リカじゃなきゃダメだから。」

 

「だったら、朝起きた時、一番にわたしのこと思い出してよ。

「分かった。」

「心の中でおはようって言って。

「おはようって言う。」

「日が暮れたら、その日一日のこと全部話して。

「ぜんっぶ話す。

「わたしが呼んだら真夜中でも会いに来て。

「会いに行く。

「24時間抱きしめて、24時間愛してるって言って。

「それは、物理的に無理だけど

 

ここでなんと、リカがビンタ!

 

「だったら、そんな調子のいいこと言わないで。

わたしじゃなきゃ絶対ダメなんだったら。

それくらいできるでしょ。

わたしはできるもん。」

 

「俺は逃げない。

俺はリカから逃げない。

リカは絶対俺じゃないとダメだから。」

 

そしてカンチの胸に飛び込むリカ。

 

「世界で一番、誰よりも、何よりも愛して。

死ぬまで一生、死んでからもずっと。」

 

強く抱き合う二人。

 

リカは、カンチを試したんでしょうか。自分から逃げないかどうか。

 

リカという女性と向き合うには、すごいパワーがいりそうです。

 

三上の覚悟

 

さとみは部屋で、三上にもらった赤いヒールを見つめて、うなずきます。

 

そして、それをアパートのゴミ置き場に持って行きます。

 

三上は一人暗い部屋でボーッとしています。

 

手には、さとみに渡せなかったあの封筒。

 

その封筒の中には、ハンコが押された婚姻届けが・・・。

 

これが三上の「覚悟」だったんですね。

 

それを三上はビリビリに破りました。

 

さとみは同僚とショッピング。

 

「新しい靴が欲しいんだ。

今度は足にピッタリの、はいているのを忘れちゃうような靴が欲しいの。」

 

赤いヒールは捨てたというさとみに、「メルカリで売ればよかったのに」と同僚。さとみは、

 

「大好きな靴だったからさ、他の人にはかれるの悔しいじゃん。

 

あの赤いヒールは三上の象徴だったんですね。

 

前を向こうとするさとみの気持ちと同時に、三上への思いの深さも感じました。

 

そして、エンディング直前、リカが「よし、決めた!ニューヨークに行く!」

 

動揺するカンチ。で、今話終了。

 

見逃しが無料で観れる?

【東京ラブストーリー】はAmazonプライムビデオFOD(フジテレビ公式)で視聴できます。今なら初回登録で、無料視聴できます。

 

▼初回登録なら無料で観れる▼

【プライムビデオ】で
東京ラブストーリーを見る

【FODプレミアム】で
東京ラブストーリーを見る

 

【東京ラブストーリー2020】第7話の感想

 

1991年版を知った上で観た【東京ラブストーリー2020】第7話の感想です。

 

誕生日のケンカ1991vs2020

 

2020版では、カンチは帰りが遅くなった理由を正直に答えていましたが、1991版では、ウソをつきました。(第5話)

 

「帰ろうと思ったらいきなり得意先から電話かかってきちゃって」とカンチが言うのを聞いて、真相を知っていたリカは「ウソだけはイヤ!」と家を飛び出しました。

 

逃げるリカ、追いかけるカンチ。二人は公園へたどり着きました。

 

「悔しいよ、悔しい、カンチ。気持ちはひとつしかないんだよ。2個はないんだよ。どこに置いてきちゃったの?24時間好きって言ってて。仕事してても、友達と遊んでても、カンチの心全部で好きって言ってて。ちゃんと捕まえてて。わたしだけを見てて。でなきゃ、よそに行っちゃうよ!」

 

泣きながら怒る鈴木保奈美さんの演技が印象的でした。特に「でなきゃ、よそに行っちゃうよ!」の所が心にジーンと来ました。こんなに怒っているのに、カワイイ・・・。

 

カンチには正直であって欲しいけど、ウソをついたからこそ生まれた名シーンでした。

 

それぞれの覚悟

 

さとみ→三上から離れる覚悟。三上→さとみと結婚する覚悟。ですね。

 

もしかして、カンチ→リカと向き合う覚悟。リカ→ニューヨークへ行く覚悟。

 

なんかも、ありますか?深読みのしすぎでしょうか・・・。

 

三上の封筒から婚姻届が出てきた時は、ドキッとしました。

 

そんなにさとみが好きだったんですね。

 

肩を震わせて泣くシーンも、悲しかったです。

 

でも、さとみは三上と別れて、正解だったと思います。

 

さとみの演技

 

今回も、いいですね。さとみの演技。

 

カフェで最後に三上に本心を話すシーン。またまた長いセリフでした。

 

三上といることで優越感を味わっていたというさとみ。

 

「わたし、けっこう性格悪いんだよ。」

 

素直で従順なさとみより、本心をさらけ出したさとみの方が魅力的に感じます。

 

尚子と一緒にホテルに泊まったのに、三上が彼女に手を出さなかったことに、「だったら、余計にダメだよ。」

 

三上が尚子を、ただの遊びとしてではなく、大事に扱ったことを、さとみは許せなかったんでしょうね。

 

とても印象的なシーンでした。

 

見逃しが無料で観れる?

【東京ラブストーリー】は、AmazonプライムビデオFOD(フジテレビ公式)で視聴できます。初回登録であれば、無料で観れますよ。

 

▼初回登録なら無料で観れる▼

【プライムビデオ】で
東京ラブストーリーを見る

【FODプレミアム】で
東京ラブストーリーを見る

 

【東京ラブストーリー2020】第8話はどうなる?

 

さとみは本当に三上のこと吹っ切れる?

 

三上はさとみのこと、あきらめきれる?

 

リカは本当にニューヨークへ?

 

カンチ、どうする?

 

リカだけ、なんか、楽しそうです。

 

5月20日水曜日の0時。7話と8話の配信になります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です