タンパク質はプロテインコーヒーで▶▶

バターコーヒーに使うおすすめ道具|1週間で2kg痩せたバターコーヒーダイエット

バターコーヒーに使うおすすめ道具|1週間で2kg痩せたバターコーヒーダイエット

 

バターコーヒーダイエットしたいけど、おすすめの道具ってある?

ギモン猫

 

基本的には、普通の美味しいコーヒーを作る道具と同じですが、抑えておきたいポイントが2つあります!それは

 

  1. コーヒーオイルはしっかり抽出する
  2. バターとコーヒーはしっかり撹拌する

 

この2つのポイントが、バターコーヒーダイエットを成功させる秘訣です。言い換えると

 

  1. プレス(ステンレスフィルター)
  2. ブレンダー(ハンドクリーマー)

 

この2つの道具は、長くバターコーヒーダイエットを続けるためのコストとして、きちんとしたものを購入するのがおすすめです!最初の2つの見出しにまとめていますので、注意してお読みください。

 

ケトン体測定キット

バターコーヒーダイエットが成功しているかどうか、体内のケトン体量を知ることがなによりも大切です。気になる方は、ここから直接番外編2を見れます!

 

この記事では、これからバターコーヒーダイエットを始めたいという方に向けて、バターコーヒーダイエット歴1年の僕が、おすすめの道具を紹介します。

 

すべて自分が実際に使ったことがある道具です!

ルゥク

 

これらの道具を使ってバターコーヒーを作ると味が美味しいだけでなく、しっかりとダイエット効果がありました。これからバターコーヒーダイエットを始める方は、どうぞ参考にしてください!

 

関連記事 ▷ 超お手軽なバターコーヒーの作り方!

 

注意:当サイトで紹介する方法はダイエットの成功を保証するものではありません

 

チタンカフェプレス(スノーピーク)

チタンカフェプレス(スノーピーク)

 

バターコーヒーダイエットを作る時に覚えておきたい1つ目のポイントがコーヒーの抽出方法大事なのはコーヒー豆から出るコーヒーオイルも一緒に摂取することです。

 

以下、バターコーヒーダイエットの生みの親、デイヴ・アスプリーの著作「シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事」より引用します。

 

コーヒーに含有される油脂(カーウェオールとカフェストール)は独特の強力な抗炎症性物質であり、酸化ストレスとDNAのダメージを防ぐ。

フレンチプレスや金製フィルター、エスプレッソマシンなど、金おくフィルターで淹れると、これら貴重なコーヒーオイルが守られ、体内で働いてくれる。

引用:シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事

 

コーヒー豆から抽出されるコーヒーオイルもしっかりと飲まないと、健康的なダイエットができません!

 

ですから、紙製のフィルターよりも

 

  • 金製フィルター
  • エスプレッソマシン
  • フレンチプレス

 

でバターコーヒーを作るのがおすすめです。

 

僕が使っているのはアウトドアメーカー・スノーピークのチタンカフェプレス。これでコーヒーを淹れると、しっかりコーヒーオイルが浮いてくるのがわかります。味も美味しいですよ。

 

 

僕はアウトドアコーヒーが好きなので、スノーピークの製品を買いました。このチタンプレスは直火にかけてお湯を沸かすこともできます。それゆえ、少しお高いのも事実

 

自宅で使う用であれば、もう少しお手頃なものもあるので、紙製のフィルターでコーヒーを淹れてバターコーヒーを作っている方は、ぜひ一度お試しください。

 

\ド定番のフレンチプレス/

 

フレンチプレスではなく、ステンレス製のドリッパーを使ってもコーヒーオイルは抽出されます。とはいえ口コミなどを見ると、プレスで作ったほうがコーヒーオイルの抽出には適していそうです(コーヒー豆全体がしっかりとお湯に浸かるので)。

 

クリーマーキュート(HARIO)

 

バターコーヒーダイエットを成功させるめに、覚えておきたい2つ目のポイントが、撹拌。

 

バターとコーヒーをしっかり撹拌しないと、ダイエット効果が期待できません。

 

バターコーヒーダイエットブームの火付け役となった「シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事」にはこうあります。

 

コーヒーに加えるバターやオイルを、ただ混ぜるだけでなく、溶かし合わせることも大切だ。というのも、バターやオイルを溶かすとミセルという状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになるからだ。

胆汁からも生成されるミセルだが、多ければ多いほど脂肪が使われやすくなる。つまり、バターをコーヒーにブレンドすることが、脂肪をエネルギー源とする体の働きを助けるのだ。

バターの包み紙をはぎ、スニッカーズみたいにかじりつつコーヒーを飲んでも、結果は同じにならない。

引用:シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事

 

コーヒーに加えるバターやオイルをしっかりと溶かしあわせないと、脂肪をエネルギーに変換させる効果が期待できないとのこと。

 

他の道具はなんでもいいっちゃなんでもいいけど、ダイエット効果を狙うなら、この撹拌機だけは必ず買ってください。

 

僕が使っているのは「HARIOのクリーマーキュート」

 

見た目の可愛さだけでなく、バターとコーヒーをしっかり溶かせあわせてくれます。

 

僕が実際に使っている様子を動画に撮っていますので、参考にどうぞ。

 

 

バターコーヒーを撹拌するときだけでなく、本来のクリーマーとしての用途でも使用できるので、一つ買っておくととても便利がいいです。

 

\軸がぶれないのが好き/

 

撹拌に使うブレンダーについては、100均クリーマーやシェイカーも選択肢にあがります。こちらの記事も参考にどうぞ。

 

バターコーヒーダイエット おすすめブレンダー4つ バターコーヒーにおすすめのブレンダー4選【決定版】HARIOやアイリスオーヤマなど

 

コーヒーミル・Ⅱミニ(ポーレックス)

ポーレックスミニの画像

 

バターコーヒーを飲むとき、コーヒーは粉ではなく豆から挽いて作ったほうが絶対に美味しいです。僕が使っているコーヒーミルはポーレックスの人気商品「コーヒーミル・Ⅱミニ」。

 

ぶっちゃけ、バターコーヒーを作るのであれば、ミルは特にこだわる必要はないかと思います。自分の気に入ったミルをお使いください。それでも、普通のコーヒーと同様

 

豆の粒度の均一さ

 

だけは抑えておきたいです。

 

ポーレックスミニの刃はセラミックです。粒度調節もダイヤルを回すだけでかんたん。粒の大きさも安定しています。

 

アウトドアコーヒーを作るときも持ち運びが便利なので、重宝しています。

 

ネットでは類似品がたくさん出回っていますのでご注意を。ポーレックスは高価ですが、安心の品質です。

 

 

ドリップスケール(HARIO)

HARIOドリップスケールの画像

 

バターコーヒーにはあんまり関係ありませんが…。とはいえ、美味しいバターコーヒーを作るためには欠かせないアイテムがドリップスケール。

 

抽出量と抽出時間を計測できます。

 

僕がバターコーヒーを作るときの抽出時間は

 

  • ハンドドリップ→ 2分
  • フレンチプレス→ 4分

 

ステンレスフィルターを使ったハンドドリップでバターコーヒーを作る場合、コーヒーの抽出量を正確に知るため、100円ショップSERIAで買ってきた台(台?なんて言うの?)の上にドリッパーをセット。抽出されたコーヒー量だけ分かるので、おすすめです。

 

美味しいコーヒーを淹れるために、ドリップスケールがないと始まりません。

 

 

番外編1:僕が使っているバターコーヒーの材料

僕がバターコーヒーを作るときに実際に使っている材料も少し紹介しておきます。バターコーヒーに合うコーヒー豆についてはこちらの記事をごらんください。

 

バターコーヒーに合うコーヒー バターコーヒーに合うコーヒー豆とは?最適な条件と実際に飲んだ感想

 

ギー・イージー

ギー・イージー

 

とにかくパッケージがかわいいギー・イージー(GHEE EASY)。ギーというのは無塩バターの水分を蒸発させたもの。水と乳固形分と不純物が除去されます。栄養素が多く、脂肪がエネルギーに変わりやすいと言われていて、バターコーヒーダイエットに使っている人も多いです。

 

僕もメインで使っている食材の一つです。料理にも使え、賞味期限も長いダイエット中、一つ買ってキッチンに置いておくといろいろと便利です。

 

 

このギー・イージーはバターコーヒー愛飲家の間で人気商品でして、今ではMCTオイル入りのものも販売されています。これは便利ですね。

 

 

Anchorグラスフェッドバター

Anchorグラスフェッドバター

 

こちらはニュージーランド酸のグラスフェッドバター。年間で85%以上牧草を飼料としているため、高いダイエット効果が期待できます。正直、飼料が牧草100%のグラスフェッドバターはめちゃくちゃ高いです!

 

バターを買うのが高すぎて、ダイエットを継続できなければ、元も子もありません。Anchorのこの商品はお手軽に購入できるうえ、僕が実際に試してダイエット効果もしっかりとあったので、おすすめします。

 

ギー・イージーとの一番の違いは味。ギーで作るバターコーヒーはギー特有の臭みがあり、僕は大丈夫なのですが、好みがわかれるとこと。

 

でもグラスフェッドバターで作るバターコーヒーはラテのような飲み心地で、ギーがだめでも飲めるという人は少なくありません(僕の奥さんも!)。

 

美味しいバターコーヒーを飲みたい人は、グラスフェッドバターをおすすめします。

 

 

仙台勝山MCTオイル

仙台勝山MCTオイル

 

MCTオイルは仙台勝山館のものを使用しています。Amazonや楽天でもよく売れていて、口コミの評価も高いです。

 

僕自身、使っていて「すぐに満腹感が得られる」効果があるので、使い続けています。

 

 

番外編2:ケトン体測定試験紙

 

バターコーヒーダイエット成功の鍵を握るのは自分がケトン体質になっているかどうか。もしケトン体の量が少なければ、バターコーヒーダイエットはあまり効果がでていないということで、食生活を改善しなければなりません。

 

逆にケトン体の量が増えていれば、ダイエットは成功しているということ。こういう目に見える目標があると、ダイエットもがんばりやすいですよね。

 

ケトン体についての詳しい情報はこちらの本で。

 

そこで、自分のケトン体の量をかんたんに測定できるのがケトン体測定試験紙キット。尿をかけるだけで、自分のケトン体の量を把握できるので、バターコーヒーダイエットが成功しているのかどうかをかんたんに知ることができます。

 

バターコーヒーダイエットを長く続けていきたいからは、必ず買っておくべき道具。正確な情報なしにダイエットするのは、トンネルの出口を知らないまま走り続けるようなもので、怖いですからね。

 

正しいバターコーヒーダイエットをするために、まだお持ちでない方は購入してください。

 

まとめ:ポイントは抑えておこう!

以上、僕がバターコーヒーを作るときに使っている道具でした。基本的には、美味しいコーヒーを淹れるための道具と大差はないのですが、本文でも書いたように2つのポイントだけ抑えておいてください!

 

  1. バターとコーヒーはしっかり撹拌する
  2. コーヒーオイルはしっかり抽出する

 

この2つのポイントが、バターコーヒーダイエットを成功させる秘訣です。言い換えると

 

  1. ブレンダー(ハンドクリーマー)
  2. プレス(ステンレスフィルター)

 

この2つは、ダイエットコストとして、きちんとしたものを購入するのがおすすめです!

 

この記事は、以上になります。

 

関連記事▷バターコーヒーダイエットおすすめ本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です