糖質を我慢したくない人におすすめアイテム▷

【初心者向け】バターコーヒーダイエットのやり方|5ステップを徹底解説

【初心者向け】 バターコーヒー ダイエット やり方5ステップ

バターコーヒーダイエットって、ただ飲めばやせるの?他にやり方はある?

ギモン猫

海外セレブの間でも大流行のバターコーヒーダイエット。人気お笑い芸人EXITのりんたろー。さんや藤田ニコルさんも愛飲していて有名ですよね。

僕もバターコーヒーダイエットを始めて、2週間で1.7kgのダイエットに成功しました ♪

もちろん、バターコーヒーもただ毎日飲むだけで自然と痩せていくわけではありません。痩せるポイントを抑えて、正しいやり方で取り組む必要があります。

この記事ではバターコーヒーダイエットのやり方を5つのステップにまとめました。この5つさえ意識すれば、バターコーヒーの力を最大限発揮し、効率よくやせていくことができます。

  • バターコーヒーダイエットにチャレンジしたい方
  • バターコーヒーダイエットがなかなかうまく行かない方

皆さんが時間やお金を無題にすることなく、すっきりスリムな体になるように書いています。ぜひ、参考にしてください。

この記事を書いたのは?

ルゥク

はじめまして、ルゥクと言います。

  • アラフォー男
  • 身長170cm 体重65kg(増減はしています…)
  • 在宅ワーカー 運動ほぼしない

こんな僕ですが、バターコーヒーダイエットを1ヶ月飲み続けることで、70kgから65kgまで落とすことができました。僕の2週間のダイエット記録はこちらからどうぞ。

やり方1:バターコーヒーで痩せる理由を知る

理由のイメージ画像

バターコーヒーダイエットで痩せる1つ目のコツは、バターコーヒーで「痩せる理由」を知るです。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、意外と知らないまま、バターコーヒーダイエットに飛び込む方が多いですよね。

まあ、僕もそうだったのですが…

やはり、バターコーヒーダイエットでも、なぜ痩せるのか?その理由(仕組み)を知っておくのは良いことです。

それは、ダイエットを続ける自信につながるからです。

例えば、どんなにいい口コミでも、成分がよく分からないダイエットサプリを飲み続けるのは怖いし、不安ですよね。不安が続くと、続きません。

同様に、バターコーヒーダイエットもなぜ痩せるか、その理由を知らないと、結果がでないときに不安になり、あきらめてしまいます。

逆に、痩せる理由を知っていれば、すぐに結果がでなくても我慢できたり、効果を最大限発揮させるために工夫できたりします。

自信を持ってバターコーヒーダイエットに取り組み、長く続けていくために、理由を知っておくのはマストです。

バターコーヒーで痩せる理由

では、バターコーヒーで痩せる理由(仕組み)は何でしょうか?

これは大事なところなので、専門家の本から引用いたします。

朝食をギーなどのバターやMCTオイル入りのコーヒーにすることでケトン体質になってやせる、それが「バターコーヒーダイエット」です。

ケトン体が出ると燃焼回路が切り替わり、体脂肪が燃えやすくなるのですが、その切替に最適なのがアメリカなどでも話題のこのダイエット法。

引用:ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット

かんたんにまとめますと、「バターコーヒーを飲むことで脂肪を積極的に燃焼させるダイエット」で、そのために「エネルギー生産回路を糖質回路からケトン体回路に切り替える」ことが目的になります。

この理論を知っていると、「糖質回路はダメだから、糖質はできるだけ減らそう」とか「自分の体はきちんとケトン体質になっているだろうか」という意識になります。

先ほども述べたように、すぐに成果がでなくても「ケトン体質にするために、食生活を改善しよう」と前向きに努力できます。

もちろん、研究者のように詳細な理屈まで知る必要はありませんが、バターコーヒーで痩せる理由をある程度知っておくと、効率よく痩せられます

僕はバターコーヒーを飲み始めてから、確実に痩せたかったので、3冊の本を買って勉強しました。どれも、面白かったのでぜひ皆さんにも読んで頂きたいのですが、もし1冊だけというなら、先ほど引用した医師監修の「ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット」をおすすめします。

お医者さんが監修しているので安心感があります。また、雑誌サイズで写真や図解も大きく、とても分かりやすいです。

これから、バターコーヒーダイエットを始めたい方は、こうしたガイドブックを読み、正しい知識を入れながらチャレンジすると、効率よく痩せられます。

やり方2:バターコーヒーで痩せる材料を使う

Anchorバターのカット画像

僕愛用のグラスフェッドバター「アンカー」

続いて、バターコーヒーダイエットで確実に痩せる2つ目のコツは、バターコーヒーを「痩せる材料で作る」です。

もし、いい加減な食材を使っていると、せっかく毎日飲んでいるのに、なかなか痩せないということになります。反対に太ったり、体調を崩したりする可能性だってありますね。

毎日飲むものなので、ダイエット効果を上げるためではなく、品質にはこだわっていきたいところです。

バターコーヒーを作る材料は主に以下の3つです。

  1. コーヒー豆
  2. グラスフェッドバター
  3. MCTオイル

では、これからどんな食材を使えば効率よくダイエットができるか、一つずつご紹介します。

コーヒー豆

バターコーヒーに使うコーヒー豆は、カビ毒がないものがおすすめです。カビ毒があると、体内に悪影響があるので、ダイエットするかどうかに関わらず、避けたいものです。

これは、今一般的に知られている「バターコーヒー」の生みの親、ディブ・アスプリーがその著書「シリコンバレー式自分を変える 最強の食事」で提唱しているものです。

この本の中には補足として、以下のような情報が載せられています。

日本では良質のコーヒーの判断基準として「スペシャルティコーヒー」が知られている

引用:シリコンバレー式自分を変える 最強の食事

スペシャルティコーヒーの定義は以下になります。

消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。
(途中、省略)
生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。

引用:日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)「スペシャルティコーヒーの定義」

それで、普通にバターコーヒーを作るのであれば、スペシャルティコーヒーを購入すればOKです。ほとんどカビ毒の問題はありません。でも、もっと品質にこだわりたい方には、以下の商品をおすすめします。

 

この「カビ無しコーヒー豆」には、コーヒーのカビ毒「アフラトキシンB1」「オクラトキシンA」が含まれていないことが検査で証明されています

ダイエットに限らず、健康のことを考えて、カビ毒なしのコーヒーを安心して飲みたいかたにはおすすめです。

詳しく掘り下げ

バターコーヒーに合うコーヒー豆について詳細な情報を知りたい方はバターコーヒーに合うコーヒー豆とは?カビ毒無しを選ぶ4つの条件をお読みください。

グラスフェッドバター

バターコーヒーで使うバターはできるだけグラスフェッドバター(無塩)を使ってください。

MEMO
グラスフェッドバターとは、公正物質やホルモン剤などを投与せず、牧草だけで飼育した牛から作られるバター。

通常のバターより、脂肪燃焼を促す効果を期待できる共益リノール酸が多いのが特徴。

また、グラスフェッドバターの代わりにバターの水分を蒸発せるて作るギーオイルも代用できます。

MEMO
ギーオイルは中鎖脂肪酸が多く、ビタミンA・D・Eが豊富なので、脂肪がエネルギーにかわりやすい。
詳しく掘り下げ

バターコーヒーに合うバターやギーオイルについて詳しく知りたい方はバターコーヒーに使うおすすめバター(&ギー)3選|MCTオイル入りが最強!【2021年】をどうぞ。

MCTオイル

バターコーヒーに欠かせないのがMCTオイルです。MCTオイルは脂肪を燃料にしてエネルギー生産する、ケトン体回路のスイッチを入れる働きをします。

「バターコーヒーダイエット」の主役はバターとコーヒーのような気がしますが、実はこのダイエットの影の立役者です。

詳しく掘り下げ

MCTオイルの働きついて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

MCTオイルのダイエット効果とは?

かまいたち山内の脂ダイエット?愛用はMCTオイル?

やり方3:バターコーヒーで痩せる器具を使う

愛すべき僕のブレンダー

僕が毎日使っている愛すべきハリオのブレンダー

食材に続いて考えたいのは、バターコーヒーを作るに当たり「痩せる器具を使う」です。

バターコーヒーで上手に痩せていくために、実はコーヒーを入れる器具や撹拌にこだわる理由があります。

これもやはりコツ1と関係してきますが、バターコーヒーダイエットを作る器具にも正しい知識があれば、遠回りせず効率よく痩せられます。

痩せるバターコーヒーを作るのに、必要な器具は以下の3つになります。

  1. 金属製フィルター(フレンチプレス)
  2. ブレンダー
  3. ケトン体値試験紙

3番目の器具(グッズ?)は直接バターコーヒーを作るのとは関係ありませんが、とても重要なアイテムです。これを持っているのと持っていないなのでは、バターコーヒーダイエットを続けるモチベーションも変わってくるので、ぜひお読みください。

金属製フィルター(フレンチプレス)

まず、バターコーヒーを飲むために、コーヒーを入れていくのですが、ペーパードリップよりも金属製フィルターがおすすめです。

なぜかというと、ペーパードリップでコーヒーを入れた場合、豆から抽出されるコーヒーオイルがろ紙に吸着してしまうからです。

この点について、バターコーヒーダイエットの生みの親、デイヴ・アスプリーの著作「シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事」より引用します。

コーヒーに含有される油脂(カーウェオールとカフェストール)は独特の強力な抗炎症性物質であり、酸化ストレスとDNAのダメージを防ぐ。

フレンチプレスや金製フィルター、エスプレッソマシンなど、金属フィルターで淹れると、これら貴重なコーヒーオイルが守られ、体内で働いてくれる。

引用:シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事

それで、これからバターコーヒーダイエットを始めたい方は、ぜひ金属製フィルターの使って、コーヒーオイルの効果も楽しんでください。

僕が使っているのはこちらのフレンチプレスです。(唐突ですが…)僕はキャンプも好きなので、家でも外でもこのプレスが大活躍しています。

詳しく掘り下げ

金属製フィルターについて詳細な情報を知りたい方はバターコーヒーに使うおすすめ道具|僕が実際に使っている器具のご紹介をお読みください。

ブレンダー

バターコーヒーを作る際に、最も気をつけて欲しい器具がブレンダーになります。

なぜなら、バターとコーヒーはしっかり撹拌しミセルという状態に分解しないと、ダイエット効果が期待できないからです。

コーヒーに加えるバターやオイルを、ただ混ぜるだけでなく、溶かし合わせることも大切だ。というのも、バターやオイルを溶かすとミセルという状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになるからだ。

胆汁からも生成されるミセルだが、多ければ多いほど脂肪が使われやすくなる。つまり、バターをコーヒーにブレンドすることが、脂肪をエネルギー源とする体の働きを助けるのだ。

バターの包み紙をはぎ、スニッカーズみたいにかじりつつコーヒーを飲んでも、結果は同じにならない。

引用:シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事

詳しく掘り下げ

おすすめのブレンダーについて詳細な情報を知りたい方はバターコーヒーにおすすめのブレンダー4選【決定版】HARIOやアイリスオーヤマなどをお読みください。

ケトン体値試験紙

3番目のアイテムはケトン体値試験紙です。これ、あまり他の媒体では紹介されていませんが、僕個人はバターコーヒーを作る際に、必須のアイテムだと考えています。

ケトン体値試験紙は、体内のケトン値が尿検査で分かるという優れアイテムです。

バターコーヒーダイエットは、言い換えるとケトン体質になって痩せるケトジェニックダイエット。ケトン体値が上がっていれば、確実にダイエットが成功に向かっていることが分かります。

ダイエットは目に見えない体の中の変化の結果。それが明確に数値で分かるということは、ダイエットを続けるモチベーションになります。

これからダイエットを始める方は、ぜひお試しください ♪

詳しく掘り下げ

僕が2週間ダイエットをした後、実際にケトン体値試験紙を使った様子は【バターコーヒーダイエット】2週間でどれだけ痩せたか?2週間の食事メニューありに書いています。よろしければごらんください。

やり方4:バターコーヒーで痩せる作り方をする

バターコーヒーの作り方のイメージ画像

ここまでで、バターコーヒーダイエットで痩せるための理論や道具について話してきました。

さて、ここからは実際にバターコーヒーを作る段階です。

バターコーヒーの作り方もとても大事。はじめにレシピを紹介しておきます。

用意するもの

  • グラスフェッドバター(ギー)10g
  • MCTオイル 小さじ1杯
  • コーヒー豆 15g(カビ毒のないもの)
  • お湯 250ml
  • ブレンダー

作り方

  1. 250mlのお湯でコーヒーを淹れる
  2. バターとMCTオイルをコーヒーに入れる
  3. ブレンダーでしっかり撹拌する
詳しく掘り下げ

以下は、作り方において重要な2つのポイントをまとめておきます。

量は多めに

作り方において重要な1つ目のポイントは、コーヒーの量になります。

バターコーヒーダイエットでは、朝食の代わりにバターコーヒーを1杯飲みます。

言い換えると、前日の夕食から当日の昼食までの間、空腹を乗り切るためにバターコーヒーを飲むわけです。

ですので、量が少なすぎる(普通のコーヒーの量だと)と、やっぱりお腹が減ってしまいます。

それで、どのバターコーヒーダイエット本にも書かれていることですが、コーヒー1杯の量は250ml〜350mlにしてください。

撹拌は必須

作り方のポイント2は、ブレンダーの項目でも説明しましたが、「バターとコーヒーをしっかり撹拌する」になります。

大事なことですので、もう一度、「シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事」から引用しておきます。

コーヒーに加えるバターやオイルを、ただ混ぜるだけでなく、溶かし合わせることも大切だ。というのも、バターやオイルを溶かすとミセルという状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになるからだ。

胆汁からも生成されるミセルだが、多ければ多いほど脂肪が使われやすくなる。つまり、バターをコーヒーにブレンドすることが、脂肪をエネルギー源とする体の働きを助けるのだ。

バターの包み紙をはぎ、スニッカーズみたいにかじりつつコーヒーを飲んでも、結果は同じにならない。

引用:シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事

 

ですので、これからバターコーヒーダイエットを始める方は、その効果を最大限に発揮させるために、バターとコーヒー&MCTオイルをしっかり撹拌させるブレンダーをご使用ください。

詳しく掘り下げ

おすすめのブレンダーについて詳細な情報を知りたい方はバターコーヒーにおすすめのブレンダー4選【決定版】HARIOやアイリスオーヤマなどをお読みください。

やり方5:バターコーヒーで痩せる食生活をする

バターコーヒーに合う食生活のイメージ画像

バターコーヒーで痩せる理由を知り、正しい食材と器具で作ったら、あとは飲んでいくだけですね。

とはいえ、ただ飲んでいるだけでは痩せないのが、バターコーヒーダイエットの悩ましいところ…。

他の数多の星のようなダイエット方法と同じく、同時に食生活の改善は必須となってきます。

では、バターコーヒーダイエットを成功させる上で、ポイントとなる食生活はどんなものでしょうか?

2つのポイントを説明します。それは「糖質制限」と「断続的断食(ファスティング)」です。

糖質制限

これまで説明してきたとおり、バターコーヒーダイエットはケトジェニックダイエットの1種です。

つまり、糖質の摂取を減らし、中鎖脂肪酸(MCTオイルなど)を多く摂取することによって、エネルギー生産回路を糖質回路からケトン体回路(脂肪をより燃焼する)に切り替えるのが目的です。

当然、糖質をたくさんとっていると、エネルギー生産回路が切り替わりません。バターコーヒーダイエットを成功させるためには、糖質制限は必須になります。

朝食はバターコーヒーのみですので、糖質はゼロになります。昼食、夕食もできるだけ低糖質メニューを心がけましょう。

僕は下の写真のように「糖質量ハンドブック」を手元に置いておき、料理や買い物のときに、必ず糖質量をチェックしています。

糖質量ハンドブック

裏ワザを少し…

バターコーヒーダイエット中は、低糖質メニューが欠かせないのですが…それでも白米・パン・ラーメンをがっつり食べたくなるときがあります…。

でも、それをやってしまうとこれまでの努力が水の泡。

また、糖質を食べてしまった罪悪感から、バターコーヒー生活を投げ出したくなります。僕もしょっちゅうそれを繰り返しました…。

そこで、(投げ出しがちな)僕が覚えた裏ワザは糖質吸収を抑えるサプリを飲むこと。食べた糖質を限りなくチャラにしてくれるスーパーアイテムです。それがこちら。

僕が使っているメタバリア

僕が実際に飲んでいるサプリ

これは富士フイルムのメタバリアEXという糖質カットサプリです。

カメラメーカーが健康サプリ?と思いますが、今、富士フィルムはサプリだけではなくアビガンの開発なども行っていて健康ジャンルでも信頼の高いメーカーとなっています。

カメラ業界における熾烈な品質競争を勝ち抜いてきた一流メーカーの商品だからこそ、安心して飲んでいます。

おすすめポイント

  • 怪しいメーカーではない←重要
  • 糖の吸収を抑える
  • 腸内環境を整える
  • 特にお腹周りの脂肪・体重を減らす

このサプリは糖の吸収を抑えてくれる効果があるので、ケトン体質を目指すバターコーヒーダイエットにはピッタリ。最強の相棒です。

「バターコーヒー + 糖質制限」の組み合わせはダイエットの近道です。メタバリアはバターコーヒーダイエットを無理なく継続できるようサポートしてくれる優秀なサプリ。

罪悪感を感じずにお米やパン、甘いものを食べられます。ダイエット中、自分が好きなものを少しでも食べられると気持ちがホッとしますよね。

このメタバリアがあれば、減量を頑張っている自分に、少しご褒美を上げられます。

今なら初回540円。定期コースではありませんので、解約など不要。買い切りですので、気になる方は一度お試しください ♪

▷【メタバリアEX】公式サイト

メタバリアの効果や口コミを知りたい方はこの記事をどうぞ。

メタバリアEXとは?口コミは?バターコーヒー最強の相棒

断続的断食(ファスティング)

もう一つ、バターコーヒーダイエットで見過ごされがちなのが断続的断食(ファスティング)です。

糖質を14〜15時間摂らないで脂肪を摂るとケトン体が出現します。糖質と脂肪を両方採ってしまうとケトン体は出現しません。

引用:ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット

「シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事」でも、毎日15〜18時間の断食が推奨されています。

簡単に言うと、前日の夕食から当日の昼食まで、食べていいのはバターコーヒー(糖質ではないからOK)だけになります。

そうすることで、ケトン体が増えやすく、脂肪燃焼効果が高い体質に変化していきます。

ですので、「バターコーヒーを飲みながらクロワッサン ♪」のような朝食はおしゃれで気分は上がりますが、ダイエット的な視点でいうとNGになりますので、ご注意ください(僕も好きなんですが…)。

詳しく掘り下げ

バターコーヒーを毎日飲んでいるのに、なかなか痩せない方は【辛口評価】バターコーヒーダイエットで痩せない5つの理由と対策|実体験ありをごらんください。

まとめ:でも無理はしないでくださいね。

以上、バターコーヒーダイエットのやり方 5つのステップを解説してきました。

これが全部できれば、痩せる確率はかなり高まっているはずです。

とはいえ、僕たちは人間だもの…。朝、どうしようもなく空腹なときもあるし、仕事終わりでラーメン(糖質)を食べたくなるときもあります。

そんなときは、食べてもいいと思っています。ストイックすぎるのも長続きしませんよね。

裏ワザアイテムメタバリアEXもぜひ使ってみてください。

それでも、次の日は必ずいつものバターコーヒールーティンに戻してほしいと思います。

ダイエットに奇跡的な近道はありません。どのダイエットにも地道な努力が必要です。

また、リバウンドをしないためにも、最終的にはバターコーヒーダイエットが自分の生活の一部になるといいですね。

皆さんのバターコーヒーダイエットが成功することを、心から応援していますもしこの記事が役に立ったという方は、SNSなどでシェアしていただけると嬉しいです

長文でしたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です